Diary

七五三


x--------+---------+---------+---------+---------x
  ,神酒を飲み干すけいたん。   将来は酒豪?
 ◆‘櫃澆燭修Δ法△ぁちゃんを見上げるけいたん
  集合写真
 ぁ 屬箸ちゃん だっこ して〜」と
   決して下りようとしなかったけいたん



 本来は女方の実家でやる七五三。
今年、入退院を繰り返した中野父が「俺は長くない」
と気弱になっていたので、中野で七五三をやることにしました。
その代わり、7歳の時には藤沢でやることに。


 藤沢の母が持たせてくれた訪問着は薄黄緑。
まるちゃんが持っているピンク系の方が良いのでは〜と
相談して、帯・帯締め・訪問着・ちょっとした小物を合わせて
まるちゃんが届けてくれていた。

 娘に着物を持たせないで嫁がせるなんてみっともないと・・・
社宅住まいでも、持たせられた (=_=)。
まるちゃんは箪笥1棹分。 私は箪笥1棹の半分。
社宅住まいで着物を着て出かけて行ったら、たちまち噂になるからね。
やっと、陽の目をみた訪問着。


 中野父は退院後、初めての外出が七五三だったそうな。
姫パワーは凄いね。


 神社に着くと、宮司さんが出迎えてくれた。
式典も終わり、、、
写真を撮ってみると、みんな着物だと調和が取れているね。
先日、満3歳で七五三をやったお友達、着物は子供だけ。
妙な違和感があったのはこういうことだったのね。


 昔は行列ができていたというけど、神社は貸切でした。
翌日の土曜日も2〜3組。
地元の鎮守様で神事を行った方が、神様も願いを聞き届けてくれる
って感覚は古いのかな。

 不景気になって写真撮影だけ・・・とか、
有名どころ(明治神宮・水天宮・赤坂氷川神社)に参拝
になったってことらしい。




 
2008年11月14日(金) No.841 (けいたん::儀式)
Comment(2)

この記事へのコメント

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ

Name
E-Mail
URL
感想
1000文字まで
Icon Icon
Pass
No. PASS